赤穂義士祭に行ってきました(上)
2008.12.14



     関西のJR利用者ならよく見かける「播州赤穂」の4文字。
     赤穂は関西アーバンネットワークの終着地であり、
     温泉や海水浴場もある、ちょっとした観光地でもあります。

     そして赤穂といえば、何よりも赤穂浪士。
     その最大のイベントである「赤穂義士祭」が、今年はたまたま日曜日に当たりました。
     赤穂が1年で最もにぎわうこの日に、青春18きっぷを使って出かけてみました。


写真など

播州赤穂駅 浅野内匠頭辞世の句 駅前ステージ
いつもは静かな播州赤穂の駅が人だらけ。さすが義士祭。ちなみに、「播州」と名乗る駅はここだけで、ほかはみな「播磨○○」駅だったりする。 播州赤穂の駅は、浅野内匠頭の辞世の句や赤穂浪士の浮世絵タイルなどがあって非常に風情があるが、今日は人だらけで風情どころの騒ぎではない。 駅を降りると意外なほど人がいない。ルミナリエに行っているので、あの印象が強すぎるのかも。駅前では演歌歌手が忠臣蔵にちなんだ歌を歌っていた。
かん川本舗本店 27代義士娘 まちなか教室
播州の人ならだれでも知っている塩味饅頭の「かん川本舗」本店。塩味饅頭はほのかな塩味が逆にあんの甘味を引き出している、素朴だけど上品なお菓子。 第27代義士娘の人力車道中。「写真や絵を描くのが好きです」とのこと。観光には欠かせない「ミス○○」も最近は応募者がなかなか集まらず、大変である。 関西福祉大学は赤穂にある福祉系の大学。「まちなか教室」では大衆演劇をやっていた。詳しい事情はHPを見ても分からず。ちゃんとPRすべきでは…。
息継ぎ井戸 湯豆腐 炭屋さん
江戸からやってきた城中刃傷の急を告げる使者が、ここで息継ぎの水を飲んだという「息継ぎ井戸」。周辺が商工会議所や婦人会の模擬店になっていた。 その一角で湯豆腐(100円)を賞味。寒い中非常においしかった。塩の副産物である「にがり」も赤穂の特産。にがりブームの際、赤穂も相当もうけたよう。 備長炭のかわばた。きれいな菊炭に始まり、飾り用の炭、炊飯用、脱臭用、美容品、バーベキュー用、ストラップなど炭ならなんでもござれの店。
備長炭焼き鳥 さくらぐみ いよいよ義士行列
で、横のガレージを使って備長炭焼き鳥を販売。1本100円ということで、採算は度外視。半分趣味で店をやっているという話にも納得。 赤穂といえば「さくらぐみ」。兵庫県一有名なイタリアンのお店かも。残念ながら未体験。一人前もOKなそうなので、平日休みを取ってぜひ行ってみたい。 話が義士祭からそれてきたので、いよいよ義士祭へ。始まる直前に行ったにもかかわらず、お城と義士行列が望める結構いい場所をキープ。
表門隊 大石内蔵助は連合自治会長 行列は続く
討ち入りが終わり、泉岳寺へ引き上げていく四十七士の一行を表しているとのこと。奥に吉良上野介の首を槍の先に掲げ持っている姿が見える。 ちなみに、大石内蔵助をやっていたのは尾崎地区連合自治会長とのこと。尾崎は温泉の沸く、千種川の向かい側。連合自治会で回り持ちなのだろうか。 今年は「いろいろとご意見もあり」本格的であることにこだわったとのこと。去年を知らないので何とも言えないが、確かにわざとらしさはほとんど感じなかった。
裏門隊・大石主税 大石主税は高校生 行列は去る
義士行列はゆっくりゆっくりと進むため、結構時間がかかる。飽きかけたところに、裏門隊が登場。リーダーは大石主税、当時15歳であったとのこと。 ちなみに大石主税役は赤穂高校の高校生。終わった後、新聞記者に囲まれていた。結構かっこいい子に見えたが、やはり校内で選抜されるのだろうか。 で、義士行列も終了。拍手が沸くが、進行がゆっくり過ぎ、自然消滅的に拍手が消えてしまう。少し街が空いてから駅に行こうと、駅とは逆方向の大石神社へ出発。



赤穂義士祭に行ってきました(下)へ

いそべさとしのホームページへ



Copyright with S.ISOBE(2008)(isobe@mtj.biglobe.ne.jp) ←@を大文字にしてありますので、修正してください。