阪神なんば線開通(西九条〜大阪難波)

2009.3.20(金・祝) 快速急行1番列車:阪神三宮発近鉄奈良行き



 2009年3月20日、阪神なんば線が開通。
 疲弊した地元商店街の活性化、地下鉄御堂筋線の混雑緩和、
 神戸から難波へのアクセス向上、甲子園球場や大阪ドームでの催事の際の輸送力強化など、
 たった3.8kmとはいえ、その効果には大きな期待がかけられています。
 そして、私が期待するもっとも大きな効果は、神戸・三宮と奈良が1つの列車で結ばれること。
 時間も、そして精神的な距離も確実に縮まり、関西の一体感がさらに増すことでしょう。
 その象徴ともいえる「阪神三宮発近鉄奈良行き快速急行」1番列車に乗ってみました。


・阪神三宮駅:午前7時

阪神三宮駅出口北側 ずらっと並ぶ列 報道受付
午前7時ちょうどごろの様子。大量に並んでおり、奈良行き始発電車に乗るための待ち列かと思いきや、記念グッズを求める人の列らしい。 記念グッズの中でもBトレインショーティーというNゲージの車長を短くしたものが一番人気のようで、午前7時の段階で「もう売り切れです」と言っていた。 三宮駅にも報道受付が出ており、テレビ・新聞合わせて複数のマスコミが取材に来ていた。阪神としては久々に明るい話のため、会社の人もうれしそう。
式典は3番ホーム降車側 ブリーフィング 奈良行きの電光掲示
テープカットなどの式典は3番ホームの降車側で行う模様。そちら側はマスコミしか入れない。逆側は特に規制もなく、マニアが多数陣取っている。 マスコミへのブリーフィング。ミント側に西口を作る三宮駅改良工事はまだ時間がかかる様子。なんば線開通には間に合わせる予定でなかった? 神戸で「奈良行き」の表示を見るのはある意味、感慨深い。奈良は本当に行きにくかったもんなあ。さて、これで人の流れがどう変わるのか。
いよいよ入線 到着 テープカット
いよいよ入線。ガードマンの間にも緊張が走る。とはいえ、思ったよりも人出は少なく、殺気立った雰囲気もない。鉄道イベントってこんなもんだっけ? 人をはねることもなく無事到着。正面に記念マークが付いているのを狙って写真を撮る。私はコンパクトデジカメだが、みんないいカメラを持っている。 テープカットを撮影。ついつい仕事を思い出してしまうようなしまわないような…。ともあれ、神戸と奈良が直接結ばれた、大きな一歩の幕開けである。

・阪神三宮〜近鉄奈良:午前7時43分〜9時12分

1番列車の車内 なんばの宣伝 奈良 この駅まで
1番列車とはいえ、思いのほか乗客は少ない。純粋な鉄道マニアは列車に乗るよりも写真を撮ったり、グッズを集めたりする方が大切なのかな。 ほぼ全員が座れる状況で三宮を発車。私の隣の席は、鉄子の御嬢さん2名。「近鉄○○系ってかわいい」とか言いながら写メをとっていた。 途中で若干痛めのテツなどの乗降もありつつ、無事奈良へ到着。平城京跡ではまたテレビカメラやスチールカメラがこの快速急行1番列車を狙っていた。

・近鉄奈良駅:午前9時ごろ

折り返し尼崎行き 記念のお菓子などを販売 ここも記念グッズで行列
乗ってきた快速急行は折り返し尼崎行き快速急行に。「奈良」という電光掲示を狙っていた人も多かったらしく、すぐに変わっていて残念がっていた。 近鉄ということで、駅内のコンビニでも赤福を販売。また、特設売り場で開業記念と銘打ったお菓子や「近鉄時刻表」なども売っていた。 近鉄奈良駅でも記念グッズを求める人の行列が。どうせプレミアなどはほとんど付かないにも関わらず、グッズが好きな人の気持ちはよく分からない。
三宮の電光掲示 奈良発三宮行き快速急行 直通運転記念トランプ
奈良駅で三宮という電光掲示を見るのも、なかなか感慨深いもの。実際に行くかどうかは別にして、確実に心の距離を近づけてくれる。そんな気がする。 三宮行きの快速急行が奈良駅を出発。マニアの数は確実に減っている。阪神・近鉄直通運転がどれだけ定着するか、これからがまさに正念場。 記念グッズには興味がないものの、無料のトランプはスタンプラリーをしてもらってきた。各駅の観光地が書かれており、時間つぶしででも楽しめそう。

 (2009年3月乗車、4月掲載)



いそべさとしのホームページへ


Copyright with S.ISOBE(2009)(isobe@mtj.biglobe.ne.jp) ←@を大文字にしてありますので、修正してください。